建設・工事現場LEDビジョン
清水建設静岡営業所

建設現場LEDサイネージ

デジタルサイネージ導入 清水建設静岡営業所
清水建設静岡営業所様の浜松医療センター新病院整備工事現場にて導入いただきました。

工事現場でのデジタルサイネージ利用は情報共有、注意喚起・事故防止、タイムリーな気象情報などの把握に最適です。また、近隣への情報提供も容易になります。最近ではお問い合わせも多く頂きますので、具体的な活用メリットをご説明いたします。

情報共有と意識の統一

デジタルサイネージは繰り返し様々な情報を伝えることができるので、作業予定や図面、立ち入り禁止区域などの伝達事項をしっかりと作業員の方へ伝えることができます。朝礼やミーティングに参加できなかった方などにも情報を伝えることができます。

外国人労働者へも図や多言語表示などで情報を伝えやすくなり、意識の統一が図れます。

注意喚起・事故防止

安全管理に重要な情報を繰り返し流すことで、意識づけに役立ちます。気温や気象情報をリアルタイムで流すことで、熱中症や熱射病などの予防にも活用できます。


定期的な気象情報の配信

デジタルサイネージでは、自動で定期的に気象情報などを取得することが可能になります。注意報や警報などもより早く把握できるようになり、迅速に対応することが可能になります。

近隣への情報提供

工期のお知らせや工事内容の認知など周辺住民の方や近隣エリアの方に情報を発信できます。事前に周知してもらうことで、近隣トラブルなども未然に防ぐことができます。
クライアント 清水建設静岡営業所
製品名 建設・工事現場LEDビジョン
HP https://www.shimz.co.jp/





























































































2024 © Copyrights ADisign Inc.